支部ブログ:埼玉県支部
 

獨協大学同窓会トップ » 支部ブログ » 埼玉県支部 » 獨協学生の思い出の味 ~ それゆけ鮭ヤロー! 夜の学食 ~

獨協大学同窓会・埼玉県支部の活動やイベントなどの最新情報をお知らせします。

獨協学生の思い出の味 ~ それゆけ鮭ヤロー! 夜の学食 ~

みなさんこんにちは。今日は獨協大学の「夜の学食」と呼ばれる「それゆけ!鮭ヤロー!」という居酒屋に行ってきました。

sa1.JPG

「それゆけ!鮭ヤロー!」の現役獨協生の認知率はほぼ100%。学生に聞くと「先週も行った」「行ったことはないけど知っている」、「友達がよく行っている」、「1回だけ行ったことがある」等、会う学生は皆知っています。場所は松原団地駅から徒歩3分くらい。

sa2.JPG

鮭ヤローの魅力は何と言っても「安い」こと。ドリンク全て99円(カクテル、ワイン等)。ハイボールにいたっては50円と驚異的な低価格。

料理も299円~399円が大半。目の前に鳥貴族(格安居酒屋チェーン店、通称:とりき)があるが、とりきより安いと思う。

sa8.JPG

外の看板にも「松原団地N01安い!」とうたっています。店名のインパクトもすごい!!。「ヤロー!」ですよ「ヤロー!」。アントニオ猪木みたいだな。

ところで、看板にはサントリーの角(かく)ウィスキーが写っているが、50円ハイボールも角で作っているのだろうか?

sa3.JPG

店内はこんな感じ。この日は獨協大学3年生の方とお店行ったのだが、入った瞬間、若者が多くにぎやかな店内に圧倒されてしまった。「ヤロー」とつく割には、若い女性客も多い。

sa4.JPG

連れの3年生曰く「おそらく店内にいる客は全員、獨協生です」とのこと。ということはスーツ姿の私も「元獨協生」と考えると、客は100%獨協生。こりゃまるで「夜の学食」。そのうち「第二学食」なんて言われる日がくるかも(笑)。

しかもよく見ると、若い男性店員が客と仲良く話している。後々聞いてみると彼(店員)も経営学科の2年生(獨協生)とのこと。客も獨協生なら、店員も獨協生というすさまじい状態。スーツ姿の私は激しく浮いてしまった。

お通しは巨大な入れ物(駄菓子屋でよく使用する容器)に入ったえびせん。一人300円。この量を考えるとかなりお得です。しかも、多くの獨協生グループは、おかわりをしていた。

sa5.JPG

この店では高級料理に入るお刺身(サーモン)も注文。値段は忘れたが、チェーン系格安居酒屋より確実に安かった。私は社会人だもん。ちょっとくらい高級料理を注文してもいいよね。といっても500円くらいだったと思うが・・・

sa6.JPG

店内のイスはお酒の通い箱(業界用語で言う、P箱:ピーバコ)を利用。丈夫だからイスに向いてます。経費も削減。

sa7.JPG

鮭チャーハンやイカも注文。おいしかったです。

【小林感想】結局、ハイボールを4杯も飲んでしまいました。その他、ビールやサワーなども多数注文。それでも二人で約2500円でした(4時間くらい飲んで)。

この日は雄飛祭(文化祭)の直前ということもあり、学生が出し物の準備や練習後、鮭ヤローに多数やってきたので特に獨協生が多い日だったようです。(ふだんならもう少し一般のサラリーマンもいる模様)。

ただ店内はすさまじい喧騒(けんそう)で、店員へのオーダーも大声を出さなければ注文できない状態。近くでは学生ならではの「コール」(近年、問題になっているコールではない・・・ということにしておきましょう)も聞こえ、大学生の若さが爆発していました。

私のような獨協大学の後輩に理解ある社会人なら楽しめる(耐えられる)けど、一般の人(とくに獨協大学と関係の無い人)だと厳しいかも。

当ブログを見ている人は獨協大学のOB、OGが多くここ数年でオープンした「鮭ヤロー!」を知らない方が多いと思いますが、10年後、20年後の獨協大学OB、OGには思い出の店になっていると思う。

sa9.JPG

最後に、ポテトサラダ、ゆでたまごなども注文。いやーとにかくうるさかった。客が全員獨協生でも、「校歌」や「覇者(はしゃ)」を歌う学生はいませんでした。少し残念。次回は私が音頭をとって「覇者」を歌おうかな。

sa10.JPG

≪前の記事 | トップに戻る | 次の記事≫

コメント
コメントを投稿
 

※投稿したコメントはこのページに掲載されます。名前・住所などの個人情報には、十分にご注意ください。
※ニックネーム欄は、「○○ゼミ第5期の山田」など苗字のみを推奨します。また、フルネームは掲載しないようご注意ください。
※サイト管理者の判断により、コメントを非掲載・削除・修正させていただく場合がございますので、予めご了承ください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

※トラックバックに表示された内容およびリンク先は第三者のものです。内容については保証できませんのでご注意下さい。また、掲載されたトラックバックは断りなく削除することもあります。

トラックバックとは?(Yahoo!辞書へ)

埼玉県支部ブログのトップページへ戻る

埼玉県支部ブログの管理者プロフィール
最近の記事
最近のコメント
 

 埼玉県支部ブログのRSS