支部ブログ:山陰支部
 

獨協大学同窓会トップ » 支部ブログ » 山陰支部 » 山陰支部総会を開催しました

獨協大学同窓会・山陰支部の活動やイベントなどの最新情報をお知らせします。

山陰支部総会を開催しました

8月27日、鳥取県米子市の皆生温泉旅館「皆生つるや」にて、第13回山陰支部総会懇親会を開催しました。

1969卒の先輩から2013年卒まで総勢19名が参加し、大学からは学生部長の川村肇先生、同窓会本部からは代議員の横山清祐さん、近畿支部代表の柘植義信さんにもお越しいただきました。

雲の多い1日でしたが、日本海や山並みが一望でき、すがすがしい気持ちで開催することができました。初参加の方にも楽しんでいただけた様子で、「また参加したい」との言葉をいただきました。

山陰支部幹事の一人である木佐充俊さん(1974年卒)が先頃本を出版されたということで、参加者全員にプレゼントしていただきました。

次回は20名の出席をめざし、島根県での開催を検討しています。

20160830-7.jpg

集合写真

20160830-1.jpg

皆生つるやの外観

20160830-4.jpg

つるやの最上階、バンケットホール「大山」からの展望

20160830-3.jpg

バンケットホール「大山」から日本海と大山の絶景が眺望できます

20160830-2.jpg

懇親会の席

20160830-5.jpg

ビンゴ大会の景品

20160830-8.jpg

参加者全員にプレゼントされた木佐充俊さんの著書
『風雅 米子野鳥の会 四季折々の誘い』

木佐さんは、米子野鳥保護の会の会長を務めていらっしゃり、著書は、会のメンバーに毎月送っている案内文と写真を集成し、一冊にまとめたものです。

『風雅 米子野鳥の会 四季折々の誘い』の巻頭文

米子野鳥保護の会は、山陰地方の野山をフィールドに月一回の探鳥をしている。

確かに山陰は、自然に恵まれている。山も川も海もみずうみも、人に荒らされていない手つかずの自然が残る。野鳥の図鑑で、「珍しい鳥」とされる鳥に時として出会える。しかも手軽に。それゆえに、野鳥ファンとしては、実に居心地のいい場所だ。

日本経済の最前線の会社が生み出す一流の製品が、ふんだんにあるのが東京・銀座ならその一方で、豊富で多様な野鳥や自然に出会えるのが私達のフィールド山陰なのだと自負している。

この本は、米子野鳥のメンバーに毎月送った案内文の集成である。

ハガキ一枚の案内文だったが、会員からは、捨てるのがもったいないとか、捨てるにはしのびないとの声がいくつもあった。やがて本にまとめて欲しいとのこ声も寄せられた。

その声にこたえる形で、本にさせていただいた。

自然を愛する者の心が、少しでも伝われば幸せである。案内文を書いた者として。

米子野鳥保護の会 会長 木佐充俊(きさ あつとし)

≪前の記事 | トップに戻る | 次の記事≫

コメント

楽しかったです♪
また参加したいです!
新しい出会い、20数年ぶりの出会いなど、盛りだくさんでしたね。
室田さん、すてきなマトメ記事、ありがとうございます。

投稿者:yokoyama@kotoura さん | 2016年8月30日 16:39

コメントを投稿
 

※投稿したコメントはこのページに掲載されます。名前・住所などの個人情報には、十分にご注意ください。
※ニックネーム欄は、「○○ゼミ第5期の山田」など苗字のみを推奨します。また、フルネームは掲載しないようご注意ください。
※サイト管理者の判断により、コメントを非掲載・削除・修正させていただく場合がございますので、予めご了承ください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

※トラックバックに表示された内容およびリンク先は第三者のものです。内容については保証できませんのでご注意下さい。また、掲載されたトラックバックは断りなく削除することもあります。

トラックバックとは?(Yahoo!辞書へ)

山陰支部ブログのトップページへ戻る

山陰支部ブログの管理者プロフィール
最近の記事
最近のコメント
 

 山陰支部ブログのRSS