支部ブログ:埼玉県支部
 

獨協大学同窓会トップ » 支部ブログ » 埼玉県支部 » 獨協学生の思い出の味 ~パンジャビ(カレー屋)~

獨協大学同窓会・埼玉県支部の活動やイベントなどの最新情報をお知らせします。

獨協学生の思い出の味 ~パンジャビ(カレー屋)~

みなさんこんにちは。

今日は、獨協大学(4棟近く)の門を出たすぐにある「パンジャビ」(カレー屋)に行ってきました。

pa1.JPG

「パンジャビ?知らないなぁ」「そんなのあったっけ?」という人が多いのではないでしょうか。

30歳以上の方はおそらく知らないと思います。しかし、現役学生&近年の卒業生はほぼ100%知っている店なのです(あまり自信はないが・・・)。私の独自調査によると、女性はかなりの確率で知っていました。(獨協女子学生に人気のカレー屋さん)

pa2.JPG

パンジャビはオープンして7年目の松原団地では有名なカレー屋(インド北部料理)。松原団地の他、せんげん台にもお店があります。

pa3.JPG

ちなみに、パンジャビから大学を見るとこんな感じ。(みなさん場所がわかったかな?)

近くに「マルヤ」というスーパーもあります。(マルヤも最近改装してきれいになりました)

pa4.JPG

カレーの種類が沢山ありすぎて迷ってしまいます。

pa5.JPG

ランチは790円。学食に比べると「少し高いかな」と感じますが、味・量・サービスレベルを考えるとかなりお得。

pa6.JPG

店内はこんな感じ。店長さんはインドの方(男性、日本語が上手)。店長さんにパンジャビについて少し話を伺いました。

味は日本人の嗜好に合わせ油を少し抑えてあるとのこと。獨協大学の目の前に立地していますが、学生だけでなく、地元の人(松原団地の住人の方々)も重視しているらしいです。というのも、大学は夏休み・土日などで年間半分は休みだから(うらやましい。私もあの頃に帰りたい)

店長さんがとても親切な方。これが人気の理由の1つだと感じました。

最近、大学周辺の飲食店を回っていますが、繁盛している店の共通点は「獨協学生に愛されつつ、地元住人にも愛されている」ことだと感じています。

pa7.JPG

店内のいたるところにインドの演出がありました(インドには行ったことがないけどね)。

pa8.JPG

今日は土曜日だったので、カレー&ナン90分食べ放題で1000円。(ちなみに今日のカレーは①チキンとかぼちゃ(左)、②まめとほうれんそう(右)。それほど辛くなく、日本人でも食べやすい味。また再訪したくなる店です。

【小林所感】オープン7年目ということで、私の学生時代にはなかったお店です。なので「学生時代の思い出の味」と呼べるか微妙ですが、現在&近年の卒業生には、とてもファンが多いお店です。こういうお店が10年、20年後「学生時代の思い出の味と言えば、パンジャビ」と呼ばれるようになるのだと感じました。まあ、私にとっては「地元のおいしいカレー屋さん」ですが・・・。

≪前の記事 | トップに戻る | 次の記事≫

コメント
コメントを投稿
 

※投稿したコメントはこのページに掲載されます。名前・住所などの個人情報には、十分にご注意ください。
※ニックネーム欄は、「○○ゼミ第5期の山田」など苗字のみを推奨します。また、フルネームは掲載しないようご注意ください。
※サイト管理者の判断により、コメントを非掲載・削除・修正させていただく場合がございますので、予めご了承ください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

※トラックバックに表示された内容およびリンク先は第三者のものです。内容については保証できませんのでご注意下さい。また、掲載されたトラックバックは断りなく削除することもあります。

トラックバックとは?(Yahoo!辞書へ)

埼玉県支部ブログのトップページへ戻る

埼玉県支部ブログの管理者プロフィール
最近の記事
最近のコメント
 

 埼玉県支部ブログのRSS