支部ブログ:支部担当理事
 

獨協大学同窓会トップ » 支部ブログ » 支部担当理事 » またさん通信(136)・・・東日本大震災号外版です

獨協大学同窓会・支部担当理事の活動やイベントなどの最新情報をお知らせします。

またさん通信(136)・・・東日本大震災号外版です

金曜日、私鉄に乗って現場に向かっている途中、地下から出てすぐに緊急停車し、停車と同時に大きく揺れました。
何とか現場に到着し、用事を済ませて、そのあと歩いて自宅へ帰りました。
歩く時間が1時間もかからなかったので、当日帰宅難民となった同僚達からは、「予知していたのか」とか「悪運が強い」と言われました。
これが、私の実家のある仙台近くの三陸沖を震源地とした大震災であると判ったのは、帰宅してテレビをつけてからのことでした。
実家は仙台駅から歩いて30分程のところにあるのですが、建物の壁に亀裂が入ったものの、家族は全員無事でした。
昨日現在、電気は復旧したものの、水道とガスはまだです。
これだけ大規模な震災ので、復旧にはしばらく時間がかかるものと思われます。
この同窓会ホームページにも、現地からの声や、応援メッセージが掲載されています。(岩手支部、近畿支部ブログ等)
声を出し合って、頑張っていきましょう。
同窓生はじめ、地域の皆さまの頑張りに、最大限の敬意をはらわせていただきます。
首都圏の本日の通勤は、電車が間引き運転されたこともあり、超痛勤ラッシュでした。
電車が不通になっていて、出社出来ない人も多々いました。
時間停電といって、地域割りをして一定時間停電にするという措置もとられますが、現地の皆さまのご不便に比べればまだまだです。
現地のライフラインの復旧を一刻も早くと、願うばかりです。

≪前の記事 | トップに戻る | 次の記事≫

コメント

 またさん!

 あなたの高校時代の友人で被害にあっている方もおられると思います。ジッとしていられないでしょう!

 実家が被災地である同窓会本部理事の一人として、同窓会を動かしてください。
 東北・北関東の各支部の人たちは困窮しているのいるのです。

 とりあえず、激励のメッセージを結集できる場所を用意していただけませんか?

 被災地の支部長として切望します。
ぜひぜひ、同じ東北の出身者として力を貸してください。

投稿者:☆さん さん | 2011年3月19日 20:20

コメントを投稿
 

※投稿したコメントはこのページに掲載されます。名前・住所などの個人情報には、十分にご注意ください。
※ニックネーム欄は、「○○ゼミ第5期の山田」など苗字のみを推奨します。また、フルネームは掲載しないようご注意ください。
※サイト管理者の判断により、コメントを非掲載・削除・修正させていただく場合がございますので、予めご了承ください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

※トラックバックに表示された内容およびリンク先は第三者のものです。内容については保証できませんのでご注意下さい。また、掲載されたトラックバックは断りなく削除することもあります。

トラックバックとは?(Yahoo!辞書へ)

支部担当理事ブログのトップページへ戻る

支部担当理事ブログの管理者プロフィール
最近の記事
最近のコメント
 

 支部担当理事ブログのRSS