支部ブログ:近畿支部
 

獨協大学同窓会トップ » 支部ブログ » 近畿支部 » 鉄人。

獨協大学同窓会・近畿支部の活動やイベントなどの最新情報をお知らせします。

鉄人。

09%C5%B4%BF%CD%A3%B1.jpg
最近神戸で人気を集めている鉄人28号。阪神淡路大震災で大きな被害があった、
神戸市長田区に地元の人らが中心になって去年末につくりました。
鉄人28号や魔法使いサリーの作者故横山 光輝さんが神戸の生まれでその縁もあって
地域おこしとしてJR山陽本線新長田駅近くの公園内に誕生しました。

09%A5%C9%A5%E9%A5%D5%A5%C8%20%BF%C0%B8%CD%A3%B2.jpg
2010年今年の1月17日の神戸。寒さも比較的和らぎ穏やかな朝でした。
6400人あまりがなくなった阪神淡路大震災から15年目の朝でした。
夜も明けない午前5時から、神戸市の中心三宮にある公園でも震災犠牲者の
鎮魂と冥福を祈る集いが行なわれ1万本の竹灯籠にろうそくの火が灯されました。
多くの人が参加し祈りを捧げました。

09%A5%C9%A5%E9%A5%D5%A5%C8%20%BF%C0%B8%CD%A3%B1.jpg
兵庫区の大開周辺。当時この付近の道路が陥没し、下を走る神戸高速鉄道のトンネルが壊れるなど
大きな被害がでました。整備され、震災当時の様子は感じられませんでした。
当時私の家も震災で、しばらく水道が使えませんでした。ガスは3月末頃まで使えませんでした。
川の水を汲んでトイレで使ったことを思い出しました。

09%A5%C9%A5%E9%A5%D5%A5%C8%20%BF%C0%B8%CD%A3%B3.jpg
鉄人28号のモニュメントがある新長田駅前でも集いが行なわれました。
多くのボランティアが手伝いました。エレベーターが止まり、重い荷物がもてない
お年寄りを手伝うだけでもボランティアだと当時感じました。


多くの人が鉄人28号を見に来ていました。鋼鉄製でこんな大きさです。
この近くの商店街でも震災当時店舗が倒壊したり火災が発生するなどして多くの被害が出ました。

09%A5%C9%A5%E9%A5%D5%A5%C8%20%C5%B4%BF%CD5.jpg
震災当時大学からも物資や義援金、人的支援など色々ご高配をいただきました。
ありがとうございました。被災を受けた学生への皆様からの支援にも感謝いたします。
神戸にもたくさんの同窓生がいます。
同窓会近畿支部でも、神戸復興のため同窓会支部総会を
神戸で開催したことがあります。
また、当時の獨協大学ニュースには、神戸生まれで自宅近くも大きな被害が出た
有吉廣介先生が手記を寄せていました。

悪夢のような震災から15年、表面的には各地で復興しています。
しかし、いまも震災後の空き地があったり、復興住宅に入居し近所の友人と
離ればなれになった人がいます。
なにより家族や大切な人やものを失った人の心は癒えていないでしょう。
プロ野球・オリックスの選手が当時ユニフォームにつけていたスローガン、
「頑張ろう神戸」。
震災の体験を語り継いだり、震災で学んだことを生かした防災について
取り組んで行きたいと思います。獨協でもこの震災の経験を生かした
取組みを続けてほしいと思います。

(連絡)
あす1月24日日曜午後1時から大阪で行なわれる同窓会近畿支部同窓会。
今のところハガキで30人余の同窓生からの参加申し込みがあります。
飛び入りでの参加も可です。ぜひお越しください。
ハガキをみていて今回は、常連の方に加え、初参加や数年ぶりの参加の方、
若い卒業生の参加が目を引きました。
楽しいひとときにしたいと存じます。大学側から犬井正先生に
お越しいただく予定でしたが、
急な公務のため欠席されると連絡がありました。
神戸に在住の有吉先生がご参加くださる予定です。

≪前の記事 | トップに戻る | 次の記事≫

コメント

土曜日の同窓会報告楽しみにしております。どんな感じの会になったか、是非是非教えてください。

投稿者:ドイツ支部 さん | 2010年1月23日 20:42

ドイツ支部さん。日本時間24日午後開催の支部新年会無事終了しました。当方の不手際で十分なおもてなしができませんでしたが、みなさんの暖かいまなざしに支えられ終了しました。近く再開を約束しました。新しい仲間に加わってくださる方が増えてほしいと思いました。報告がてらブログを更新しております。

投稿者:近畿支部つげ さん | 2010年1月26日 23:48

コメントを投稿
 

※投稿したコメントはこのページに掲載されます。名前・住所などの個人情報には、十分にご注意ください。
※ニックネーム欄は、「○○ゼミ第5期の山田」など苗字のみを推奨します。また、フルネームは掲載しないようご注意ください。
※サイト管理者の判断により、コメントを非掲載・削除・修正させていただく場合がございますので、予めご了承ください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

※トラックバックに表示された内容およびリンク先は第三者のものです。内容については保証できませんのでご注意下さい。また、掲載されたトラックバックは断りなく削除することもあります。

トラックバックとは?(Yahoo!辞書へ)

近畿支部ブログのトップページへ戻る

近畿支部ブログの管理者プロフィール
最近の記事
最近のコメント
 

 近畿支部ブログのRSS