支部ブログ:近畿支部
 

獨協大学同窓会トップ » 支部ブログ » 近畿支部 » 空からみた景色

獨協大学同窓会・近畿支部の活動やイベントなどの最新情報をお知らせします。

空からみた景色

DSCF4941-1.jpg
先日出張で関空から羽田まで飛行機に乗りました。およそ1時間の飛行時間でしたが
天気もよく楽しいひとときを過ごしました。羽田空港で。

今回は空からみた関西を中心にブログで空の旅です。

DSCF4925-1.jpg
関西空港上空です。対岸は大阪泉佐野、上の方は紀泉山脈。
向こう側は和歌山県です。
関空から和歌山市までは高速を利用しておよそ40分の距離です。

DSCF4927-1.jpg
神戸市の様子。手前の島が神戸空港。六甲山地も見えています。
山が迫る中、街が広がっています。
DSCF4929.-1.jpg
大阪南部を横断しています。仁徳天皇陵など古墳が点在しています。
上の方には大和川や大阪市内が見えます。
DSCF4931-1.jpg
生駒山を越えると奈良県です。大阪の通勤圏です。

DSCF4932.-1.jpg
うっすら見えるのが京都や滋賀の琵琶湖でしょうか。
DSCF4934.-1.jpg
紀伊半島を横断したら伊勢湾に中部国際空港が見えていました。いわゆるセントレア。

DSCF4936.-1.jpg
見えました。富士山です。山頂はもう雪化粧しています。

DSCF4944.-1.jpg
さて仕事も終わり、銀座にある同窓会が運営する獨協倶楽部に立ち寄りました。
お世話をしてくれたのは獨協の在校生。左の女性は現在4年で、来年から客室乗務員に
就職が内定しているそうです。親子二代とか。おめでとうございます。
是非空であいましょう。
皆さんの地方にも飛んでいくのかもしれませんね。

≪前の記事 | トップに戻る | 次の記事≫

コメント

飛行機では通路側に座るようにしているので、あまり景色を見ることがないのですが、むかし飛行機の窓越しに見た富士山の美しさに感動し、やっぱり自分は日本人だぁ・・・と実感したことがあります。

さて、私が通路側を好んで選ぶのにはいくつか理由があるのですが、そのひとつは「CA(客室乗務員)を呼ぶ機会が多いから」です。

私は飛行機に乗ると大抵着陸の20分前頃から耳が痛くなり、大変つらい思いをしています。

のたうちまわりたいほど酷い痛みのときもあり、飛行機を降りた後もしばらくの間は耳がよく聴こえません。

耳抜きをするためにCAにキャンディや飲み物(フタがついた紙カップにストローが刺してあるもの)をもらいます。

このようなツライ状況で、CAが優しい言葉をかけてくれると地獄で天使に助けられたような気持ちになります。

私が試みた耳抜きの方法では、温かいおしぼりを入れた紙カップを耳にあてるのが一番効果がありました。

耳抜きにはいろいろな方法があると思うのですが、「これやったらいいよ」という情報をお持ちの方がいたら、教えてください♪

すでにご存知の方も多いと思いますが、機内はすごく乾燥しているので、マスクをするといいですよ!


投稿者:よっしー さん | 2008年10月25日 02:49

さっき思い出したのですが、CAとして活躍している右の女性の母校、東海大相模でした。夏の高校野球も佳境。あすの決勝は興南と東海大相模の対決。それぞれの健闘祈ります。CAさんも厳しい仕事ですが頑張ってください。

投稿者:近畿支部 さん | 2010年8月20日 16:25

コメントを投稿
 

※投稿したコメントはこのページに掲載されます。名前・住所などの個人情報には、十分にご注意ください。
※ニックネーム欄は、「○○ゼミ第5期の山田」など苗字のみを推奨します。また、フルネームは掲載しないようご注意ください。
※サイト管理者の判断により、コメントを非掲載・削除・修正させていただく場合がございますので、予めご了承ください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

※トラックバックに表示された内容およびリンク先は第三者のものです。内容については保証できませんのでご注意下さい。また、掲載されたトラックバックは断りなく削除することもあります。

トラックバックとは?(Yahoo!辞書へ)

近畿支部ブログのトップページへ戻る

近畿支部ブログの管理者プロフィール
最近の記事
最近のコメント
 

 近畿支部ブログのRSS