支部ブログ:近畿支部
 

獨協大学同窓会トップ » 支部ブログ » 近畿支部 » 電気ができる場所

獨協大学同窓会・近畿支部の活動やイベントなどの最新情報をお知らせします。

電気ができる場所

今月初め、長野、富山におじゃましました。関西電力の黒部ダムや黒部川第4発電所の施設を見学してきました。
関西・近畿地方に送られてくる電力はここでも作られています。
DSCF4864.a.jpg
黒部ダム。夏場、秋の紅葉時期は特に多くの観光客でにぎわいます。
DSCF48551.jpg
ダムには日本でも有数のトロリーバスでおよそ15分。長い階段の先に雄大な景色がありました。
難工事の黒部ダムを象徴する破砕帯箇所も通過します。異常出水の難工事の末完成したダムは
映画「黒部の太陽」などでおなじみ。わき水おいしいですよ。

DSCF4890a.jpg
黒部川第4発電所だけで33万5千キロワットの発電量があるとか。
大阪北部方面に供給されているそうです。電気なので目で確認できませんが・・・。

DSCF4867a.jpg
黒四発電所は、標高869メートル。自然景観に配慮して山にトンネルを掘って造った
水力発電所でした。
関西で使われる電力がこんな遠くの山の中で作られているのかと思いました。


DSCF4897.a.jpg
作業用のトロッコ・バッテリーカーに乗って移動です。
歌手、中島みゆきさんが紅白歌合戦に出場したとき、このトンネルの中で歌ったそうです。

DSCF4894a.jpg
第三発電所建設時の苦難を著した「高熱隧道」。現場はやはり暑い空気が漂い、硫黄の壁でした。

DSCF4900.a.jpg
富山側の出口、欅平駅です。ここから宇奈月駅まで1時間あまりトロッコ列車が黒部川沿いをコトコト走ります。
獨協卒業生でタレントの吉本多香美さん。父親で俳優の黒部進さんは、
富山の出身なので「黒部さん」というのだと獨協の先生に以前聞いたことがあります。
黒部川の流れは美しいものでしたが、
雪崩や地崩れなどで大きな被害も出る川だそうです。地崩れのあとも。
自然の恐ろしさを感じました。
関電のCMに出てくる「街の灯り」。
大阪から遠く離れた大自然の中で灯りにも利用する電力が
作られているんだと感じました。普段当たり前のように使っている電気。
電気を大事に使いたいと改めて思いました。

こんなサイトを見つけました。黒部ダムのこと、まとめてありました。
http://www.kurobe-dam.com/whatis/index.html

≪前の記事 | トップに戻る | 次の記事≫

コメント

黒部はぜひ一度行ってみたいと思っているのですが、まだ実現していません。
建設業界に実を置く者としては、あの時代によくこんな工事をと、敬服してしまいます。
来年暖かくなったら、是非行ってみたいです。

投稿者:またさん さん | 2008年10月14日 09:21

 トロッコ列車、思い出しました。
 15年程前に一度乗りました。
 たまたま、テレビのミステリードラマの撮影隊と同じ車両に乗ってしまい、後日、放送されたのを見たら、自分が幽かに映っていたのを覚えています。
 本当にすごい所ですよね。

投稿者:岩手の菊池 さん | 2008年10月14日 14:49

黒部川第4発電所

だから「クロヨンダム」っていうんですね。
毎年アルペンルートと黒部ダムってこの時期になるといきたくなります。
ブログみてたらほんとに行きたくなりました。
ちょっと考えてみます。

投稿者:黒部に行きたい! さん | 2008年10月16日 12:55

 吉本多香美さんも獨協だったんですか。初めて知りました。
 黒部鉄道は、もう一度行ってみたい場所のひとつです。獨協大学襖張研究会が長野県南神城で実施した夏合宿の帰りに、宇奈月温泉に宿泊してから黒部鉄道に乗りました。ついこの間の38年前です。
 私も、ほんとに行きたくなりました。来年の福井県支部総会出席のついでに寄ることを、考えてみます。(福井県支部長の伊藤さん、今年はお邪魔できなくて本当にごめんなさい。)
 

投稿者:☆さん さん | 2008年10月16日 16:52

きょう東京で大曲会長らと会いました。このブログ人気のようです。

投稿者:境是政 さん | 2008年10月16日 22:46

子供の時から、大きいものと高いところと暗いところが苦手です。今でも、夜の高速道路脇などに大きなガスタンクを見ると一瞬びっくりします。
中学の長野修学旅行の折に黒部ダムに行きました。友達が寝静まった夜に、トンネルの暗さとダムの大きさを思い出したら肝試しみたいな心境になりました。

投稿者:Uluru さん | 2008年10月18日 14:03

コメントを投稿
 

※投稿したコメントはこのページに掲載されます。名前・住所などの個人情報には、十分にご注意ください。
※ニックネーム欄は、「○○ゼミ第5期の山田」など苗字のみを推奨します。また、フルネームは掲載しないようご注意ください。
※サイト管理者の判断により、コメントを非掲載・削除・修正させていただく場合がございますので、予めご了承ください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

※トラックバックに表示された内容およびリンク先は第三者のものです。内容については保証できませんのでご注意下さい。また、掲載されたトラックバックは断りなく削除することもあります。

トラックバックとは?(Yahoo!辞書へ)

近畿支部ブログのトップページへ戻る

近畿支部ブログの管理者プロフィール
最近の記事
最近のコメント
 

 近畿支部ブログのRSS