支部ブログ:近畿支部
 

獨協大学同窓会トップ » 支部ブログ » 近畿支部 » 続・だるまさんが転んだ!

獨協大学同窓会・近畿支部の活動やイベントなどの最新情報をお知らせします。

続・だるまさんが転んだ!

前回に引き続き、久しぶりに訪れた週末の獨協周辺を紹介します。DSCF447911.jpg
虎の巻などを売っていた文具店のアビスタ前の南門。忠実屋や大学の南側で下宿されていた方はよく利用されたのではないでしょうか?今は「緑の回廊」を一般の家族連れも通り抜けしていました。
右側が学友会の部活棟、左側が旧テニスコートあたりに出来た、新しい体育館です。
DSCF44801.jpg

時を越え見慣れた光景です。
20年前とは変わらない光景です。
3棟の前付近です。DSCF4471222.jpg

中庭の大木を囲むように置かれたベンチも変わらないです。男女2人の学生が雑談をしていました。
これもよく見た光景。昔も今も変わりません。
DSCF4475.1.jpg

その昔、教室と学食、部活棟、グランド間を何度も行き来しました。
ファッションや小物は変わっても、ほのぼのした雰囲気は一緒・・・。

DSCF4482.1.jpg
旧埼玉銀行の手前(大学寄り)に用地を取得したようです。
ここがいまの「敬和館」に代わる寮になるんだとか。ドミトリーのようなものを思いめぐらせました。

DSCF44831.jpg
松原団地駅に一番近い「団地」です。埼玉銀行の前ぐらいにあった建物。
色は塗り替えられたようですが、年代ものの建物です。
でも懐かしい。
久しぶりの獨協は、都会の生活でくたびれた心を癒してくれました。
同窓会・近畿支部の総会でも、大学のいまがよく話題になります。
遠方の地ですが何か役に立ちたいと考えている同窓生がたくさんいます。
でも不思議なことに、埼玉や東京など首都圏の受験生や卒業生が多数を占めるのに、
千葉と茨城以外の首都圏に同窓会支部がなく、大学も卒業生のケアが十分でないのは
友好の和を広めたり、支援の面からも「もったいない」と思いました。
都会は人間関係が過疎で、その必要がないのでしょうか?・・・

≪前の記事 | トップに戻る | 次の記事≫

コメント

同窓生による様々な愛好会、同好会を作ってみてはど
うでしょうか?

投稿者:首都圏OB さん | 2008年5月22日 23:37

首都圏各地で講演会をしたり、子連れでも参加できる簡単なパーティを開いてもいいですね。結束の堅いゼミやサークルは時々同窓会をしているとか。同業種関係者の会も出来つつありますが、やはり同窓生がふらっと立ち寄れる場が首都圏に欲しい。

投稿者:獨協大学食堂御食事券 さん | 2008年5月23日 00:47

関西文化は社交性を持っていますが、関東文化の社交
性は薄いのかもしれません。無口な文化は会話を楽し
む外国人には退屈になっていると思います。これから
大阪、関西、そして西日本の同窓生の存在は大きくな
って行くと思います。
様々な集まりがあっても良いですね。同窓会に新しい
個性が加わって行くと思います。

投稿者:首都圏OB さん | 2008年5月25日 11:00

コメントを投稿
 

※投稿したコメントはこのページに掲載されます。名前・住所などの個人情報には、十分にご注意ください。
※ニックネーム欄は、「○○ゼミ第5期の山田」など苗字のみを推奨します。また、フルネームは掲載しないようご注意ください。
※サイト管理者の判断により、コメントを非掲載・削除・修正させていただく場合がございますので、予めご了承ください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

※トラックバックに表示された内容およびリンク先は第三者のものです。内容については保証できませんのでご注意下さい。また、掲載されたトラックバックは断りなく削除することもあります。

トラックバックとは?(Yahoo!辞書へ)

近畿支部ブログのトップページへ戻る

近畿支部ブログの管理者プロフィール
最近の記事
最近のコメント
 

 近畿支部ブログのRSS