支部ブログ:岩手県支部
 

獨協大学同窓会トップ » 支部ブログ » 岩手県支部 » 大槌町の蓬莱島

獨協大学同窓会・岩手県支部の活動やイベントなどの最新情報をお知らせします。

大槌町の蓬莱島

houraijima.jpgこの写真、皆さんお分かりの方は「あ〜、あれか」と、思われるのではないでしょうか。

そうです。あれです。「ひょっこりひょうたん島」です。

この写真は、東日本大震災の被災地である大槌町に在住の橋本匠市さん(72年経済学部卒)から寄せられたもので、大槌湾内にある「蓬莱島」です。

テレビで放送された人形劇「ひょっこりひょうたん島」の作者である井上ひさしさんが、かつて大槌町の隣の釜石市に住んでいたことや小説「吉里吉里人」と同じ「吉里吉里」という地名が大槌町にあることから、この島が「ひょっこりひょうたん島」のモデルになったのではないかと言われています。

津波で被災した灯台も再建されたり、この島に安置されていた弁天さまも多くの方々の支援を受けて修復されるなどして、元に戻りつつあります。

また、大手自動車会社のテレビCMのロケ地にもなりましたので、ご覧になって懐かしく思い出された方もいらっしゃると思います。

「ひょっこりひょうたん島」の主題歌にある「苦しいこともあるだろさ 悲しいこともあるだろさ だけど ぼくらはくじけない」という歌詞が、被災地である大槌町の人々の心を表しているようです。

≪前の記事 | トップに戻る | 次の記事≫

コメント

 菊池さん、ナイスです。
懐かしくて、嬉しくて、大槌町の元気も伝わって来て、ナイスです。

橋本さんにもショートメールでもしようかな!

投稿者:☆さん さん | 2015年7月 3日 21:28

☆さん さん コメントありがとうございました。
モデルになった島と言われる所が、何か所かあるようですが、どう見てもこの形が「ひょっこりひょうたん島」ですよね。今にも、ドン・ガバチョやサンデー先生が出てきそうで、楽しくなります。

投稿者:Kick さん | 2015年7月29日 10:59

コメントを投稿
 

※投稿したコメントはこのページに掲載されます。名前・住所などの個人情報には、十分にご注意ください。
※ニックネーム欄は、「○○ゼミ第5期の山田」など苗字のみを推奨します。また、フルネームは掲載しないようご注意ください。
※サイト管理者の判断により、コメントを非掲載・削除・修正させていただく場合がございますので、予めご了承ください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

※トラックバックに表示された内容およびリンク先は第三者のものです。内容については保証できませんのでご注意下さい。また、掲載されたトラックバックは断りなく削除することもあります。

トラックバックとは?(Yahoo!辞書へ)

岩手県支部ブログのトップページへ戻る

岩手県支部ブログの管理者プロフィール
最近の記事
最近のコメント
 

 岩手県支部ブログのRSS