支部ブログ:福島県支部
 

獨協大学同窓会トップ » 支部ブログ » 福島県支部

獨協大学同窓会・福島県支部の活動やイベントなどの最新情報をお知らせします。

福島県支部

お久しぶりです

ブログ担当のカンノです。昨年12月の投稿以来、自分では記事を1つも書いていなかったのですが、あのような内容を書いたまま放っておくことはいけないと思い、近況などを少し書いてみたいと思います。

私の住む福島市では、幼稚園や学校などの公共施設で除染が進んでおり、一時は子供たちの姿が消えてしまった公園などにも、だいぶ賑やかな声が戻ってきています。今日の午前中、市内中心部にある新浜公園に子供たちを連れて行ってきました。この公園は、市内でもいち早く高濃度の汚染が検出され、福島市民にとっては大変イメージの悪い場所になってしまいました。現在は除染が済んで、遊びに来る家族連れも増えてきたようです。

121008_fukushima.jpg

写真の右側にある白いものは、原発事故後に設置された放射線量計です。こういうものが市内の幼稚園、学校、公共施設など、さまざまな場所に設置されています。ほとんどが除染済みの場所にありますので、表示される数値は比較的低く、不安になることはありません。この線量計での測定結果は文部科学省のホームページで公表されています。

数値自体が安心かどうかというよりも、除染前には毎時1マイクロシーベルト(μSv/h)以上あるのが普通でしたから、0.2〜0.3μSv/hの表示を見て「ここは除染済みだ」とわかるのが意味としては大きいかと思います。ただし、除染されておらず線量計も設置されていない道端などで、手持ちの線量計が1μSv/h前後を示す場所はいたるところにありますので、油断は禁物です。

農作物の検査体制も整ってきました。農家の皆さんのご努力もあり、お米や野菜、果物などでも放射能が検出されず、安心して食べられるものが圧倒的に増えました。我が家でも、去年は食べるのを控えていた福島県産のモモやナシを、今年はたくさん食べました。美味しいとわかっているものを、心から美味しく食べられるのは幸せなことです。これは本当に、農家の皆さんのご苦労やご努力のおかげです。

私個人の考えですが、福島県の人々は、原発事故によって故郷の土地が汚染されてしまったこの状況を、忘れようとしているわけでも、諦めてしまったわけでもありません。事実は事実として、取り返しようのない事実として受けとめたうえで、しかし諦めずに何とか乗り越えて前に進もうとしています。事故から1年半以上が過ぎ、他地域の方々の記憶からは薄れかけているかもしれませんが、どうか福島県を忘れずに応援してくださいますよう、よろしくお願いいたします。

獨協の絆(北海道支部)と総会のお知らせ

 幹事の佐藤です。
 福島県支部の皆さま、猛暑が続く中、お元気でお過ごしでしょうか。
 福島県では、原発事故の影響により、いまだ先の見えない日々をお過ごしの方がたくさんいらっしゃいます。
 8月現在、福島県内で避難をされている方が10万人、福島県外に避難されている方が6万人。合計16万人の方々が避難を余儀なくされています。

 このような中、昨年に引き続き、北海道支部の皆さまから義援金が届きました。
 これは、北海道支部の総会の際に、岩手県・宮城県・福島県の被災3県に対して、義援金という形で支援の心をあらわしてくださったものです。
 ここに報告をしますとともに、この「獨協の絆」を胸に、簡単ではありませんが、私たちは一歩ずつ確かな歩みを進めていきたいと思います。

 さて、平成24年度総会のご案内です。
1 日 時  平成24年10月27日(土) 16時〜
2 場 所  郡山ビューホテル本館(消防署向かい)
 例年どおり、10月の第4土曜日ですので、今から日程を空けておいてください。
 改めて、往復はがきで案内を差し上げますので、幹事一同、多くのご参加をお待ちしております。
 僅かな時間かも知れませんが、美味しい食事とお酒、そして「笑顔」で楽しいひと時を過ごしてみませんか。

またグッドニュースです

同窓会会報でも大きく取り上げられている、当福島県支部の副幹事でもあるラジオ福島の山地アナウンサーがJRN優秀賞に選ばれました。JRN優秀賞とは、TBSラジオ系列各局が取材した全国ネットで報道したニュースを対象に選ばれています。

受賞したニュースは山地美沙子さん他計4人が取材制作に関わり、川内村が原発避難から帰村宣言したことについて村民の声を交えて伝えたものです。山地アナウンサーの取材力とインタビュアーとしてのレベルの高さが改めて証明されたものです。その力で制作したのですから、ラジオ番組「獨協の絆」の好評も頷ける訳です。

平成24年5月19日の福島民報新聞社の記事を参照に、福島県支部のグッドニュースを2連発でお伝えしました。

文責 星

絆から幸せの国へ

だいぶ旧聞になりかけていますが、ラジオ福島で放送した「獨協の絆」につきましては、関係者、出演者、聴取者などの皆様にはお世話になりました。本当に感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございます。

まさに「獨協の絆」でありましたし、卒業生の皆さんは多士済々であり一騎当千の方々であることを改めて実感しました。未聴取の方がおられましたら「同窓会ニュース」からアクセスしてお聴きください。よろしくお願いします。

ここで福島県支部よりグッドニュースをホットニュースでお伝えします。「獨協の絆」6回目の放送に出演した小原一典君が世界一幸せな国ブータンのサッカー代表チーム監督に今月就任しました。…スゴいでしょ! 彼は市立船橋高校の名門サッカー部から獨協大学サッカー部を経て、スペインでサッカーのコーチ留学をしています。

昨年3月11日は、福島県富岡町にある日本サッカー協会JビレッジでU15チームの監督をしてました。原発事故の後、チーム解散に伴い監督退任していましたが、このたび日本サッカー協会からの派遣でブータン代表チーム監督に就任したという訳です。そして本日5月17日に彼からブータン到着報告のメールが届きました。

どなたか「小原一典監督激励と会いに行こうツアー」を企画していただけませんか? 日程次第ですけど、私は行きたいです。皆さん、一緒に行きましょう!

福島県支部長 星

ラジオ福島で復興プロジェクト

 福島県支部幹事の佐藤です。
 福島県支部の皆さま、そしてすべての同窓生の皆さま、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
 昨年は、「地震」「津波」「原子力事故」そして、これに伴う「風評被害」など、福島県はかってない誰も経験したことのない大災害に見舞われましたが、皆さまからいただいた温かい励ましや力強いご支援に『復興』の2文字を諦めることなく頑張ることができました。心から感謝を申し上げます。
 2012年は、一歩ずつでも確かな歩みで、明るく笑顔あふれる一年にしたいと思っております。
 どうぞ、よろしくお願いいたします。

 さて、ここでお知らせです。
 同窓会本部のご支援により、昨年から進めてまいりました『同窓会復興プロジェクト by ラジオ福島』がスタートいたします。
 新春を寿ぐにふさわしい1月7日から8回にわたり、福島県支部副幹事でもあります山地アナウンサーが聞き手となり、同窓生に出演いただくもので、毎週土曜日、午前10時40分から5分間の番組です。
 もちろん、福島県ばかりでなく昨年、地震にみまわれた東北地方、そして台風による大きな被害に遭われた地域の皆さまが、少しでも立ち上がるきっかけをという趣旨です。
 さらに、「獨協大学同窓会」の冠を付すことによりこれから大学進学を目指す子供たち、さらには保護者の皆様が「獨協大学」に対して、より一層良いイメージを持たれることを期待するものです。
 初回は、大曲同窓会会長に出演していただく予定でありますので、是非ラジオのスイッチを入れていただきたいと思います。
 この番組内容は、後日、同窓会ホームページににも掲載する予定で進めておりますので、当日、聴くことができない方々も大丈夫ですよ。

 以上、新年のご挨拶と、復興プロジェクト by ラジオ福島のご案内でした。
 皆様のご健勝とご多幸を心からお祈り申し上げます。

福島県支部ブログの管理者プロフィール
最近の記事
最近のコメント
 

 福島県支部ブログのRSS