支部ブログ:福島県支部
 

獨協大学同窓会トップ » 支部ブログ » 福島県支部

獨協大学同窓会・福島県支部の活動やイベントなどの最新情報をお知らせします。

福島県支部

福島県支部総会のお知らせ

ご案内が遅くなってしまいました。下記のとおり福島県支部総会を行いますので、皆様ぜひご参加ください。

【日時】 平成21年10月24日(土) 16時〜
【場所】 郡山シティホテル(JR郡山駅より徒歩1分)
【会費】 5,000円(子供無料)

市役所新庁舎の建設現場

私の住む福島市では現在、市役所新庁舎の建設が進んでいます。私の家から徒歩30秒ぐらいのところですので、毎日たくさんの工事関係者や工事車両が出入りするのを見ています。先日、周辺住民のための現場見学会がありましたので、興味本位で行ってみました。

まず、現場内の会議室で、新庁舎建設の概要と工事の進捗状況について説明がありました。現在は基礎工事の段階で、免震装置を取り付けているところだとのこと。免震装置とは、建物を地面から浮いた状態にして、その間に「積層ゴム」、「転がり支承」、「オイルダンパー」を入れることによって、地面の揺れを建物に伝わりにくくするものだそうです。その模型を見せてもらいました。

fukushima-090622-1.JPG

その後、いよいよ現場見学です。道路を1本つぶしてまで広げた大きな敷地に、巨大な基礎部分が横たわっていました。写真の撮り方が下手で、伝わりにくくてすみません。福島市のホームページのほうがわかりやすいです。

fukushima-090622-2.JPG

免震装置の実物も設置されていました。積層ゴムの上部にボルトがたくさん出ています。この上に柱を立てて、建物部分を作っていくのだと説明を受けましたが、こんな巨大な建物を宙に浮かせて点で支えるというのが、どうも私にはうまくイメージできませんでした。最新の工法なのでしょうね。

手前の「天然ゴム系積層ゴム」の奥に、見づらいですが「鉛プラグ入り積層ゴム」というのがあります。鉛プラグ入りのほうが天然ゴム系よりも硬いそうで、宙に浮いた建物が風に吹かれただけで揺れてしまわないように、この2種類を組み合わせて適度な硬さにしているのだそうです。なるほど…。

fukushima-090622-3.JPG

現在建設中の東棟(窓口部門など)は来年10月に完成予定、隣の現庁舎跡地に建てられる西棟(議会部門など)は平成24年11月に完成予定とのこと。完成すると、下の写真のようなイメージになります。

fukushima-090622-4.jpg

現在の市役所の建物は、貧弱といっては言葉が悪いかもしれませんが、とても古くて耐震性にも問題ありなので、福島市民は新庁舎の完成を心待ちにしています。もうしばらくかかりますが、安全第一で工事を進めていただきたいと思います。

同窓会にはまったく関係ない話題で失礼いたしました。

神指城跡の桜

今年のNHK大河ドラマ「天地人」の直江兼続が総指揮を執り、上杉景勝が1600年に築城した「神指城跡」の桜です。写真の場所は、当時の二の丸跡で中心には樹齢600年のケヤキの木もあります。

お城自体は本丸の石垣や二の丸の土塁までは完成したようですが、同年6月に徳川家康の上杉討伐で中止となり、翌年破城したそうです。完成していれば鶴ヶ城の2倍の規模のお城だったそうです。

現在、鶴ヶ城天主閣内で、CGにて見ることが出来ます。他にも会津には桜の名所がたくさんありますので、ぜひご覧になってください。

fukushima090420-1.JPG

fukushima090420-2.JPG

fukushima090420-3.JPG

fukushima090420-4.JPG

会津絵ろうそくまつり

皆さまお久しぶりです。会津の遠藤さんから絵ろうそくまつりの記事をいただきましたので掲載します。

- - - - - - - - - -

去る2月13日・14日の両日、「会津絵ろうそくまつり」が鶴ヶ城と御薬園にて開催されました。今年は、暖冬の影響で雪の全く無い中での開催となりました。これは開催から10回目ですが、初めてのことです。雪が無い中、まつりの荘厳さが伝わるか心配でしたが、暗闇にゆらめくろうそくの炎はとても幻想的でした。幸か不幸か今年は雪が無い分暖かく、市内はもとより、県内外からの観光客がとても多く、来場者は過去最高だったそうです。

カメラマンの腕が悪く、画像がぶれて御見苦しい点はご容赦下さい。ぜひ機会があれば来年会場にて幻想的な雰囲気を味わってみてください。

fukushima090217-1.JPG

fukushima090217-2.JPG

fukushima090217-3.JPG

fukushima090217-4.JPG

光のしずく

福島市の中心市街地にあるパセオ470と並木通りで、街路樹のイルミネーションが行われています。「パセオ470」とは通りの名前で、昔は「すずらん通り」と呼ばれていました。平成元年に、歩道を広く取った石畳敷きの一方通行道路として整備され、長さが470メートルであることから、この名前が付けられました。

081208.jpg

2つの通りを合わせた約770メートルの街路樹に、約15万個のイルミネーションが取り付けられ、とても幻想的な雰囲気です。ちょうど忘年会のシーズンが始まったこともあり、週末には多くの人出があるのだろうと期待していたのですが、それほどでもなくて少し残念でした。これも100年に一度のナントカのせいなのでしょうか。

今年の憂さは今年中に晴らして、来年は(も?)明るい年にしたいですね!

福島県支部ブログの管理者プロフィール
最近の記事
最近のコメント
 

 福島県支部ブログのRSS