支部ブログ:福島県支部
 

獨協大学同窓会トップ » 支部ブログ » 福島県支部

獨協大学同窓会・福島県支部の活動やイベントなどの最新情報をお知らせします。

福島県支部

福島県沖地震のお見舞い

 福島県支部の皆さま

 新型コロナに翻弄されながら、福島県の緊急事態宣言の解除が見えてきたとき、福島県沖を震源とする震度6強・弱の大地震が突然襲ってきました。

 福島県支部の皆さま、お怪我はありませんか。ご自宅、職場、ご親族、ご友人、それぞれのご無事を願っております。少なからず様々な被害にあわれ、その復旧の最中と思いますが、どうぞお身体に十分お気を付けください。

 そして、余震にも気を付けましょう同窓会でお手伝いできることがあれば、遠慮なくご連絡をください。

「東日本大震災から3月で10年だね...」2021年が明けると挨拶代わりの言葉でした。でも、再び同規模の地震に見舞われるとは夢にも思っていなかったのではないでしょうか。それは2月13日(土)午後11時8分に、前触れなく起こりました。縦にも横にも大きく揺れてから「緊急地震速報」が遅れて鳴動しました。

  まさか...嘘だろう...ヤバイ、前よりも大きいんじゃないか...

 【原発は!】一層不安が大きくなりました。

 幸いにも3.11よりも揺れの時間が短かったので、津波もなく最小限の被害で済んだのかと感じております。時間が経つにつれて、段々被害の全容が明らかになってきますが、土砂崩れはあったものの建物の「倒壊」などは報じられていないので、即、命に関わる被害は免れたのかと思っております。

 でも、みんなが、それぞれに、少なからずダメージを受けております。物的にも、精神的にも、肉体的にも...

 私たちは「仲間」です。3.11のときにも同窓会本部のご支援でラジオ福島のご協力により、山地アナウンサー(福島県支部役員)の『獨協の絆』という番組を放送しました。今回は、新型コロナの対応など、二重苦、三重苦となりますが、同窓会としての想いが...「独りじゃない」「獨協の仲間がいる」「前を向こう」と少しでも感じていただければ幸いです。

地震直後に、同窓会本部をはじめ、各支部の皆さまからご心配、そしてお見舞いの言葉をたくさんいただきましたこと、心からお礼を申し上げます。今後、被害状況が明らかになり、同窓会からのご支援が必要になれば改めてお願いを申し上げたいと思っております。

  「頑張ろう獨協!」「頑張ろう福島!!」

 2021年2月17日 

 福島県支部長 佐藤和雄

宗像哲夫さん快挙! ~福島県文学賞正賞 受賞~

福島県支部の宗像哲夫さんが、この度、第73回福島県文学賞を受賞されました。小説・ドラマ部門で、「こおろぎは何故鳴くの」の作品が見事正賞に輝きました。

同窓生の皆様には、昨年の台風、そしてコロナ禍と心身ともに疲弊した毎日を、それでも前に進もうと努力されていることと思います。

毎年恒例の10月開催の「総会」も中止とさせていただきましたが、久しぶりにホットなニュースで、思わず万歳と心の中で叫びました。

この快挙を同窓生の皆様とともに喜び、心から祝福をしたいと思います。

宗像さんは、昭23年、三春町生れ。昭和42年獨協大学経済学部入学、「逍遙の会」を主宰し、その後、作家を目指すが昭和46年、三春町で母が起業した農機具販売業を継ぐことになりました。この間、JC理事長、ロータリークラブ会長を歴任され、地域興しに奔走されました。平成10年には、福島県が主催する「うつくしま未来博」県民プロデューサーに就任され、また民報サロン第53期執筆者でもありました。

これまでの受賞歴は、第60回福島県文学賞準賞、第6回奥の細道文学賞佳作入選(草加市)。『滝桜に会えたから』で第20回北九州市自分史文学賞大賞受賞されております。

現在、「幻の三春素麺」の販売元株式会社あぐりかる会長としてご活躍されております。

さらに、令夫人真知子さんは、2年前に同じく県文学賞、俳句部門で準賞を受賞されており、ご夫婦で福島県の文学を牽引され、至福の時はご夫婦での文学談義とのことであります。(ご馳走様です)

福島県支部の皆様が、これからもご健康で新たな挑戦を続けられることを期待しております。

宗像さん、ご受賞誠におめでとうございました。

(表彰式は、11月3日に福島市の杉妻会館で行われます。)

福島県支部長 佐藤和雄

令和2年度 福島県支部総会の中止について(お知らせ)

 残暑厳しい折、会員の皆様にはお元気でお過ごしのことと思います。

 また、新型コロナウィルスの影響は未知の領域に達し、他県支部においても、感染拡大防止の観点から、総会の延期や中止を決定しております。

 このような中で、8月30日(日)に福島市において、役員会を開催し、「令和2年度福島県支部総会の開催」を議題とし、協議しましたので、以下、お知らせいたします。

◯現在の新型コロナウィルス感染の状況から、総会(10月24日開催予定)を中止する。

◯総会の審議事項(事業報告・決算及び事業計画・予算)については、新型コロナ禍による緊急事態と捉え、本会則第14条「会則に定めるもののほか、本会運営に必要な事項は、役員会の承認を得て、支部長が決定する」の規定を適用し、今般の役員会で承認・可決されました。

 また、任期が1年の「役員改選」につきましては、顧問が星逸朗様のご逝去により欠員となっておりますが、新たな選任を行わないこと。また、現役員はすべて再任することと決定いたしました。

 以上、当支部役員会の決定事項について、同窓会本部に報告しました。

本来であれば、支部会員の皆様に、決定した議案書をお送りするところですが、支部ブログにて報告させていただきます。

この感染症が一刻も早く収束され、皆様とお会いできる日を、心から楽しみにしております。

    福島県支部長 佐藤 和雄

20200830_121401 (002).jpg

【ご会葬御礼】

 この度の星逸朗様のご葬儀に際しまして、犬井学長様、上杉同窓会副会長様をはじめ多くの同窓会関係の皆様にご参列いただきましたことに厚く御礼を申し上げます。また、獨協学園 吉田理事長様、大学キャリアセンター 平井所長様、同窓会 須藤会長様をはじめ、大学、同窓会の皆様方から多くのご供花、ご弔電を賜り、重ねて感謝を申し上げます。

 喪主の大朗様をはじめご遺族皆様も遠路ご会葬賜り、またご供花・ご弔電を賜りましたことを大変喜ばれており、本当に感謝申し上げるというお言葉を頂戴いたしました。本来であれば、お一人おひとりに直接お礼を申し上げるところでございますが、支部ブログでのお礼で失礼させていただきます。

 星さんが入院されてから僅か5か月...あまりにも急なお別れにいまだに信じられません。

 ご本人は、「笑顔」が免疫を高めるから一番の「治療薬」とおっしゃっており、数度しかお会いできませんでしたが、「元気に前向きに」闘病生活を送られておりました。ご遺影は、本人が選ばれたお写真でしたが、ご生前のお姿が偲ばれる...ピースサインをされた「とびっきりの笑顔」で、逆に悲しみが募りました。でも、星さんから「これからも笑顔で頑張れ!」「いつも応援してるぞ(^^)v」と、いつものように声を掛けられたような気持になりました。

 星さんの安らかなるご冥福を心からお祈りするばかりでございます。

 星前支部長がご生前に皆々様から賜りましたご厚情に深く感謝を申し上げますとともに、今後とも福島県支部に対しますご支援とご指導をお願い申し上げまして、御礼の言葉といたします。

 福島県支部 支部長 佐藤和雄

 

               

お悔やみ 福島県支部顧問 星 逸朗 様

 この度、闘病生活をされておりました当支部顧問の星逸朗様が2月24日にご逝去されました。誠に痛恨の極みでございます。

 福島県支部の支部長、そして獨協大学同窓会副会長の要職をお務めいただくなど、獨協大学同窓会の発展はもとより、獨協学園評議員など、獨協の隆盛にご尽力されてこられました。

 これまでのご尽力に心から敬意と感謝を申し上げます。

 ここに、哀悼の意を表しますとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

                   福島県支部長 佐藤 和雄

福島県支部ブログの管理者プロフィール
最近の記事
最近のコメント
 

 福島県支部ブログのRSS