獨協大学同窓会について
 

獨協大学同窓会トップ » 同窓会について » 同窓会からのお知らせ

同窓会からのお知らせ

〜 獨協大学同窓会広報委員会からのお知らせ 〜 同窓会報130号を発行!

同窓会報130号が5月1日に発行されました。今号のトップ記事は、このコロナ禍で、これまでにない対応を余儀なくされている大学の状況を速報しています。
同窓会広報委員会では、当初取材を予定していた東京支部設立総会をはじめ、大学の卒業式・入学式も中止となり、なかなか集まれない状況の中で次々に記事の差し替え作業が続きました。とくに新卒業生にとっては一生に一度の門出、母校や友人と最後の思い出を果たせない旅立ちに胸が痛みましたが、せめて同窓生としてその思いを共有して、この困難な時期を乗り切っていきましょう!
20200507152344.jpg
今年は同窓会役員の改選年。次代を担う新役員の募集も特集しています。
注:本号掲載の内容は4月5日までの情報を元にしています。

★同窓会報がお手元に届かない方
住所変更の手続きはお済ですか?
・同窓会会員ですか?会報は、同窓会員にのみ発送を行っております。未入会の方は、是非ご入会ください。

第54期・55期 代議員募集

一般社団法人獨協大学同窓会では、次期代議員を募集します。
任期は、今年11月21日(予定)の定時社員総会から2022年11月の社員総会までの2年間で、各委員会に所属し、毎月1回程度、活動していただきます。同窓会活動は、卒業生同士の交流と現役生・大学支援のためのボランティア活動です。交通費の実費以外は支給されませんので、ご了承ください。

立候補者は、同窓会の会員に限ります。2020年4月1日現在で75歳を超える方は、立候補できません。立候補の際は、同窓会の会員5名の推薦が必要で、推薦人は立候補者を1名しか推薦できません。立候補者は、事務局が定める立候補届を書面で事務局に提出してください。推薦人にも事務局が定める書式を書面で提出していただきます。

※ともに原本を6月30日(消印有効)までに獨協大学同窓会事務局に郵送してください。

代議員の定員は、51名で、定員を上回った場合には、選挙を行います。
詳細は、代議員選挙細則をご確認ください。

代議員選挙細則
20200422115831.jpg

同窓会組織と活動

20200422115522.jpg

20200422115319.jpg

2020年4月現在

代議員立候補届書・代議員推薦書

代議員立候補届書・代議員推薦書は、下記PDFをダウンロードされるか、同窓会事務局に郵送をお申し付けください。

2020年代議員立候補届出書

2020年代議員推薦書

新型コロナウイルス感染拡大に伴う同窓会事務室の臨時閉室について(4月27日更新)

(4月27日更新)
(4月13日公開)

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が拡大している状況を鑑み、下記日程を臨時閉室とします。

               【臨時閉室日】
  4月10日(金)4月17日(金)4月24日(金)5月1日(金)5月8日(金)

※5月8日(金)が追加されました。
※日々状況が変化している中、皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

大学臨時休業日について

緊急事態宣言の発令を受けての本学の対応について/Dokkyo University's Response to the Declaration of a State of Emergency

「Dokkyo Alumni News」VOL.42 英語力を活かして音楽業界で活躍! 伊藤 一則さん

「Dokkyo Alumni News」VOL.42は、日本のロックシーンをリードするバンドを次々世に送り出している音楽プロデューサー/ ディレクターの伊藤一則さん(1990年英語学科卒)のインタビューをお届けします。

20200406094738.jpg
「Dokkyo Alumni News」VOL.42 英語力を活かして音楽業界で活躍! 伊藤 一則さん

英語学科卒業後、クラッシックの作曲を学び、音楽の道に進んだ伊藤さん。これまで日本の音楽業界でさまざまなアーティストを育ててきました。現在は、アミューズグループのレコード会社 株式会社A-Sketch にて、世界的に注目を集めるONE OK ROCK をはじめ、THE ORAL CIGARETTES、フレデリック、三浦春馬などを担当しています。大学時代に何を学んできたのか、現在の仕事への思いやこれからの夢などを語っていただきました。

20200406102616.jpg

今春卒業する皆様へ 須藤同窓会長からのメッセージ

卒業生の皆様、ご卒業誠におめでとうございます。
ご家族、そして関係者の皆さんにも謹んでお慶びを申し上げます。
全国9万人の同窓生を代表して、本日から同窓会の新会員となられる方々を歓迎すると同時に、学問を通じて人間形成に努められた新しい同窓生諸氏の実社会での今後のご活躍を心から祈念する次第です。

本年度に卒業生される皆様は、新型コロナウイルスの感染予防対策によって、卒業式・大学院授与式が中止となりました。この日を心待ちにされていた卒業生をはじめ、ご家族と関係者の皆様や私どもにとりましても誠に残念な事であります。ただ、この事は一つの歴史的な史実として永く語り続けられる事は間違いありません。

一方、本年度の卒業生は、在学中に50周年記念館(西館)の新設と最寄駅の東武鉄道の駅名が「獨協大学前 草加松原」に改名されるという二つのとても有意義でエポックメイキングな出来事という共時性の体験ができた幸せな世代であったとも云えます。学問をする教育機関は自由で伸びやかなキャンパスを提供する事が大切です。50周年記念館を含め、獨協大学のキャンパス空間の最適化には自然環境と人間との深い関わりが研究専門分野である犬井学長の知見と配慮が随所に活かされ、またそのキャンパスの所在地を全国的に周知させる事となった駅名変更の実現も大学関係者のご功績の賜物とこの機会に心から深く感謝申し上げます。

さて、一般社団法人獨協大学同窓会は会員の親睦と母校の後方支援を目的に、現在、全国26支部海外5支部の支部活動を行っております。奨学金の助成、ワークショプ、就活応援などを実施しております。 今年は東京都支部も開設予定です。いつでもどこでも母校の仲間たちと出会える機会と場の提供に取り組んでおりますので、どうぞ是非ご参加ください。 実社会で既に活躍されている様々な世代の同窓生の温かさに触れる事が出来る筈です。

私たちは、日常的な枠組みの中で平和に過ごすことができると考えがちであります。 しかし、実際には感染病や自然災害に加え、思想や宗教そして民族間の対立や抗争、私達の周囲には主に人間が原因で引き起こされて脅かされる社会的リスクが存在しています。これから実社会に雄飛される卒業生の皆様には獨協大学で学んだ知識と経験を土台にして、引き続き自己研鑽を続けていただく事を期待しております。 自己利益の追求ではなく、地域社会や人の為に役立ってこその獨協人という誇りと矜持を持って、様々な課題に立ち向かい、社会に役立ち、社会から信頼される一人になって頂きたいと願ってます。 皆様とのご縁を大切にしつつ輝かしい未来にエールを贈ります。

一般社団法人 獨協大学同窓会
第11代会長 須藤 明弘

前のページ  1  |  2  | 3 |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  |  44  |  45  |  46  |  47  |  48  |  49  |  50  |  51  |  52  |  53  |  54  |  55  |  56  |  57  |  58  |  59  |  60  |  61  |  62  次のページ