支部ブログ:埼玉県支部
 

獨協大学同窓会トップ » 支部ブログ » 埼玉県支部

獨協大学同窓会・埼玉県支部の活動やイベントなどの最新情報をお知らせします。

埼玉県支部

昔の獨協ランチ 食べました

みなさんこんにちは。昨日、同窓会50周年記念ホームカミングデーで昔の獨協ランチを食べました。

20171105104508.jpg

正直な話、食数限定(150食くらい?)だったので、同窓会関係者の私が食べるのはどうかな?とも感じましたが、食べさせて頂きました。その分、皆様に詳細をレポート。(写真を撮影する人は多かったが、実食した人は少ないし)

ちなみに、お皿以外は、味、量ともに当時のまま。当時はビールはなかったけど。

20171105104635.jpg

私は草加市内に住んでいるので、現在の獨協ランチを食べる機会があります。そこで「現在の獨ラン」と「昔の獨ラン」を比較。

【新旧 獨ラン比較】

1.昔の獨協ランチは、白飯の量がとても多い。最後の方はかなり無理して食べた(現在40歳だからか?)。現在でも牛丼屋の大盛をぺろっと食べる私が苦しいと感じるのだからかなりの量。

2.揚げ物がとても多い。ちなみに昨日は、メンチカツとコロッケとちくわの天ぷら。

3.大根の桜漬けが大量のごはんを消化するのに絶対必要。当時(20年前)はどうでもよいと感じた漬物が、実は重要な役割をしていたことを痛感。

4.マカロニサラダもご飯の友として大活躍。まずは「マカロニサラダ+白飯」で食べ、その後は「マカロニサラダ+ソース+白飯」で味変すると完食しやすい。

5.白飯がアルデンテというか少し固めなのが個人的にはとても良かった。昔もこの硬さだった思う。近年の「もっちり」「やわらか」な軟弱なブランド米に「ワンパン」(ワンパンチ)を喰らわせる漢(おとこ)の定食。

【食べ終わって感じたこと】

1.昨日は無料提供だったが、もし今の学食で同じ獨協ランチを販売するといくらなのか? 400円くらいか?しかし、獨ランで400円は高すぎる?

2.こんな定食(栄養バランスが心配)を毎日食べていた自分が信じられない。大学生だから問題なかった?管理栄養士の先生に「栄養バランスはどうか?」聞いてみたい。

【最後に・・・】

(同窓会の身内である私が言うのも変ですが)昨日のホームカミングデーは最高に楽しかった。参加者の満足度はかなり高いと予想。特に復刻獨協ランチは素晴らしい企画だった。当企画をご提案頂いた(と聞いている)グリーン企画様、ありがとうございます。そして全体の仕切り、準備等の担当だった獨協大学総合企画の皆様、同窓会の菅沼理事 お疲れさまでした。

獨協学生の思い出の味 質も価格も大人向け?~ それゆけ!鮭ヤロー ~

みなさんこんにちは。最近、複数の学生から「鮭ヤローが移転した」という情報を聞いたので、我々取材班も「それゆけ!鮭ヤロー!」を再訪。

それでは、渾身のレポートをどうぞ。

20171102212519.jpg

鮭ヤローは、現役獨協生の認知率100%の自称 松原団地駅(獨協大学前駅)で一番安い居酒屋(自ら看板に記載)。「夜の学食」ともいわれるほど獨協生が多いことで有名。私は今のところ、鮭ヤローを知らない学生に会ったことが無い。

20171102212719.jpg


移転後の鮭ヤローは松原団地駅から徒歩3分程度の場所に移転(移転前も移転後も松原団地駅近くであることは同じ)。以前、かまどか(チェーン系居酒屋)があった場所と言えばわかるかな?(と言っても、かまどかを知っているのは30歳以下までの同窓生かも)

20171102212811.jpg

こちらが移転前の鮭ヤロー外観。見た目が派手な木造2階建てだった。大人が本気で建物を押したら倒壊するのではないかと感じるような建物だったなぁ。店内は獨協生の大声で、常にすさまじいカオス状態。注文もできないくらい騒々しい店だった。

20171102212843.jpg

移転後も角ハイボール50円、ドリンク99円、生ビール280円という激安ぶり。やっぱり「鮭ヤロー」はこうでなくっちゃね。

20171102212917.jpg

入り口には雄飛際のポスターが貼ってありました。いよいよ明日から雄飛際。気分が盛り上がるね。これからも鮭ヤローは獨協生と共に歩む店です。

20171102212945.jpg

さすが、かまどかの跡地のため(居抜き出店?)以前の鮭ヤローでは考えられないような高級な机、イスなどの店内設備(それでも普通の居酒屋レベルだが)。だって以前の鮭ヤローは、ビールのプラスチック製の通い箱(業界用語でいうピーバコ)をひっくり返してイスにしていたような店だったもん。

20171102213014.jpg

ハイボール50円は嬉しい。これならお財布を心配せずに何杯でも飲めるね。

20171102213048.jpg

やっぱりありました。鮭ヤロー名物「えびせんのお通し」380円。あれ?たしか以前は300円だったような・・・

20171102213120.jpg

こちらが50円ハイボール。これを3杯飲んだ私はルンルン気分。(この表現、昭和生まれがバレてしまう)

20171102213208.jpg

雲行きが怪しくなってきた。鮭ヤローなのに500円を超えるメニューが並んでいるぞ。以前では考えられない高価格だ。まるで、吉野家(牛丼屋)に入ったら、牛丼が1杯500円と言われたような気分。

20171102213241.jpg

こちらが500円のオムそば。一口食べると・・・・「おいしい!!そして量も多い」。以前の「量少な目・味普通・価格激安」の鮭ヤローではない。

20171102213311.jpg

こちらのチキン南蛮も悶絶するほどおいしい。まさに「うまい うますぎる 〇〇まんじゅう」のCMが頭に浮かぶ(埼玉県人限定のネタだったらごめんなさい)。

そこで、若くて超かっこいい男性店員さんに話しを聞いてみた(気遣いが素晴らしい方でした)。

やはり移転後は、料理の価格を少し上げ、品質を高めたとのこと。ただ、飲み物は移転前のままの価格で提供。だから料理は普通のチェーン系居酒屋価格で、飲み物だけが異常に安い店になったことを納得。

今でも獨協生が多数来店し、売上も減っていないらしい。(ただ取材した日は中年の客が多く、ゆっくりと落ち着いて食事ができました。私はこういう店がいいな)

20171102213342.jpg

しかーし、店内には「デステキーラ」なる危険な飲み物メニューが貼ってあるではないか。グループ全員での挑戦は禁止とのこと。お酒が苦手な学生が無理やり飲まされると・・・大変な状態になりそうだ・・・・

やっぱりこの辺りは、昔の「鮭ヤロー」の残り香を感じるな。

20171102213415.jpg

店内には、東武スカイツリーライン沿線4大学共同の「学園祭スタンプラリー」のチラシがありました。

帝京科学大学(北千住)、日本工業大学(東武動物公園)、文教大学(北越谷)、獨協大学(松原団地)が手を組んだんだね。お互いがんばりましょう。

20171102213449.jpg

帰りに以前、鮭ヤローがあった場所に行ってみたら、更地になっていました。少し悲しい気持ちになりました。

獨協学生の思い出の味 ~コスパ最強 えん弥(中華) ~

みなさんこんにちは。先日、獨協大学生から「えん弥(エンヤ)が松原団地駅でコスパ最強(コストパフォーマンスが良い)」と聞き、我々取材班も早速、取材に向かいました。

enya96.jpg

注:我々大学周辺に住む獨協同窓生や、獨協大学生は「獨協大学前駅」とは言わない。「獨協大学前」と聞くと、駅(旧松原団地駅)を指すのか、獨協大学を指すのか紛らわしいから。

学生は今でも「松原団地」「松原」などと言う。駅名が変わって「獨協大学前駅」と頻繁に聞くようになったことはうれしいが。数年経てば私も「獨協大学前駅集合」などと言うのかな?

enya2.jpg

お店の場所は、松原団地駅徒歩3分。養老乃瀧の隣(マクドナルドの近く)。

【注意】この写真には営業時間が11:30~26:00と書いてあるが、先日、日曜日の16:00に2回目の訪問をしたらまだオープンしていませんでした(17:00にオープンした)。営業時間には要注意。ただ、「低価格は全てを凌駕(りょうが)する」ので問題なし。もし閉まっていたら、えん弥の1Fにある天狗がオススメ。きれいな店内で広く、こちらも安い。

enya3.jpg

えん弥は2015年オープン。なので「学生時代の思い出」ではない方も多いと思う。しかし、今の学生はかなり通っている模様。

enya4.jpg

入り口には、各種ハイボール半額の看板。300円→50円。どう計算すると300円の半額が50円になるんだ!!

安くなる分には問題ないけどね。

enya5.jpg

階段にはこれでもかというほどの「安さ」をアピールする文言が・・・

ここだけ見ると、新宿 歌舞伎町みたいだ。

enya6.jpg

店内はこんな感じ。案の定、この日も獨協学生が数グループ訪問中。各テーブル大騒ぎだった。(大人数のコンパで騒ぐ店ではなく、4人~5人で楽しむ店)

enya9.jpg

我々取材班も話題の50円ハイボールを注文。事前情報で、この店の店員さんは外国の方のため日本語が流暢ではない。こういう時は、とにかく「イェーイ」と明るく対応すれば大抵の注文は通る。と聞いていたので我々も実践。無事注文できました。

ある学生から聞いた話「時々、注文していない料理が来るが、安いので気にならない」とのこと。

enya8.jpg

あの銘酒 久保田が300円。たしかに安い。

enya91.jpg

マーボー豆腐300円。コスパ最強というのもうなずける。餃子の王将、日高屋、バーミヤンなどのチェーン店より安いかも。

enya94.jpg

チャーハンと八宝菜を注文。他の料理も100円~300円が多い。味も価格も大満足だった。

enya95.jpg

雄飛際が近いので撮影。今年は、横澤夏子(お笑い芸人)が来るんだね。雄飛祭実行委員会のみなさんがんばって下さい。応援しています。

麻生やたさんの「カツベン」が素晴らしかった

みなさんこんにちは。いきなりですが、麻生八咫(あそうやた)さんという活弁士(かつべんし)を知っていますか?

麻生八咫さんは、獨協大学出身の日本を代表する活弁士(活動写真弁士)。獨協大学の卒業生ではかなり有名な方。(さらに草加市内在住で、同窓会埼玉県支部の活動にも積極的な方。私のご近所さん)

20171009194013.JPG

麻生先輩(私から見ると大先輩)が浅草活弁祭りで公演を行うというので行ってきました。

1yata.jpg

活弁(かつべん)とは、無声映画(音のない映画)に日本独自の語りをつける話芸。

木馬亭という浅草寺や花やしきのすぐ近くで公演。浅草六区にも近く、少し早めに行って浅草六区通りに飾られている芸人の写真を楽しみました。(渥美清、萩本欽一、エノケン、青空球児・好児など。そういえば浅香光代や牧伸二もいたなぁ。あーやんなっちゃった。あー驚いた。頭の中でメロディが出たら私より先輩ですね。きっと)

2yata.jpg

浅草寺からスカイツリーを記念撮影。

3yata.jpg

いかにも浅草っていう場所で、私は開演前から興奮状態です。

4yata.jpg

木馬亭の中は、昭和時代そのまんま。あの雰囲気は、最近のレトロブームを受けて作った新しい建物では絶対に出せないね。

5yata.jpg

麻生先輩の活弁も見事ですが、司会の方の名調子にも感動してしまった。「無声映画には、香りがあります」なんてなかなか出てこないセリフです。前口上っていうのかな?(演歌の最初のイントロ中に語るやつ)素晴らしかったです。

6yata.jpg

こちらが麻生先輩。お酒を飲んでいる時の麻生先輩はよく知っているが、舞台に立った麻生先輩と普段の麻生先輩のギャップに驚いてしまった。まるで別人。まさに「芸人」。やっぱプロです。

7yata.jpg


座席も昭和感満載。今時、このような座席は見たことがないというイスでした。

会場はほぼ満員で、私より若いお客様も多いことには驚いてしまった。ゲロゲーロ(青空球児・好児)を知らなそうな年代も目立っていました。ちなみに、麻生先輩は昔の話芸を踏襲するだけでなく、詩吟とコラボするなど新しい試みに挑戦していました。(カツベンの魅力を伝えきれずごめんなさい。これだけは伝えたいのは、最初から最後まで楽しむことができました)

楽しかった!! 川越ぶらり旅

みなさんこんにちは。昨日、埼玉県支部で川越ぶらり旅に行ってきました。

「最高に楽しかった」これが率直な感想です。

kawa1.JPG

埼玉県支部のイベントはいつも獨協大学で開催していたので「勇気を出して大学の外に行こう」ということで川越へ遠征。

kawa2.JPG

当日は19名の方々にご参加頂きました。外部(大学外)でのイベントは20名くらいがちょうどいいね。20名くらいなら全員と仲良くなれるので。40名いたら途中ではぐれてしまう人が出たと予想。

kawa3★.jpg

川越と言えば「川越まつり」ということで、まつり会館に行きました(川越城や、美術館などにも行ったよ)。

kawa4★.jpg

定番観光地である「時の鐘」も訪問。自撮り棒で写真を撮影する外国の方がとても多かった。

kawa5★.jpg

この頃になるとみんな打ち解けていました。今日は1人で参加する方も多かったけど、寂しい思いをした人はいないと思う。やっぱ同窓会活動とはこういうことなんだよなと実感。

kawa6★.jpg

さつまいもソフトクリームを食べました。むらさき芋ソフトクリームと迷ったけどこちらを選択。

kawa7★.jpg

近年、「蔵造り」「小江戸」「時の鐘」「さつまいも」(頑者(がんじゃ)という、つけめん屋も有名)などで人気急上昇の川越。観光地が乏しいと言われる埼玉県ですが、探せばあるもんですね。草加もがんばって欲しい。

kawa8.JPG

懇親会は川越駅近くのインド料理屋で開催。やはり、1日一緒に過ごした後に開催する懇親会は盛り上がるね。

kawa9★.jpg


飲み放題だったこともあり、飲みすぎてしまいました。

懇親会では各自の自己紹介や近況を話しました。全員で合唱もしました。なぜ歌ったのかは記憶が無いけど(獨協大学応援歌 覇者ではなかったと思う)。

kawa99★.jpg

今回の川越ぶらり旅は、埼玉県支部幹事メンバーの入念な準備と素晴らしい連携があって成功しました(私は当日参加しただけでした。幹事の皆さんありがとうございました)。

埼玉県支部としては今後もオリジナルイベントを開催したいと考えています。今日は埼玉県在住以外の方も多数参加して頂きました。次回はみなさんもぜひ参加願います。

埼玉県支部ブログの管理者プロフィール
最近の記事
最近のコメント
 

 埼玉県支部ブログのRSS