獨協大学同窓会について
 

獨協大学同窓会トップ » 同窓会について » 同窓会からのお知らせ

同窓会からのお知らせ

同窓生の皆様へ 「平成28年熊本地震」被害へのお見舞い

2016年4月14日に発生した「平成28年熊本地震」により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

現在も余震が続いているとのことですが、皆様と周りの方々がご無事であること、一日も早く穏やかな日々が戻ってきますよう心よりお祈りいたします。

また、同窓生の皆様の情報をお持ちの方は、同窓会事務局までご連絡をいただけると幸いです。

一般社団法人獨協大学同窓会
会長 岩﨑 賢三
本部役員一同

卒業式祝辞

卒業生の皆様、おめでとうございます。

ご父母の皆様、ならびに関係各位の皆様、本日は誠におめでとうございます。

卒業生の組織団体である一般社団法人獨協大学同窓会を代表いたしまして、一言ご挨拶申し上げます。

学生諸君の大半の方は、これから社会人として新たな人生を歩まれるわけですが、期待と不安が入り混じった複雑な心境というのが偽らざる気持ちではないかと思います。

そこで、社会人の先輩として皆さんの気持ちを少しでも和らげるために、スタートを切るためのヒントを差し上げたいと思います。

皆さんも耳にタコができるほど聞かされていると思いますが、
「大学は学問を通じての人間形成の場である」

皆さんは優秀な成績で学業を修められ、立派に卒業されるわけですが、学業以外にどのようなことをして、大学生活を過ごされてきましたか?

部活動に励んだ、アルバイトに精を出した、友人を沢山作った等々・・・様々な経験をされたことでしょう。

実は、初代学長の言葉は大学でだけでなく、社会に入ってからの方がその重要な意味を持っていると私は思っております。

社会人としての皆さんにはわからないこと、知らないことが山ほどあるはずです。

好奇心と謙虚さを持って知らないことを恥とせず、情熱を持って学ぶこと。

今の自分を正しく認識し、決して現状に満足しないこと。

自分の夢は何なのか、どのような人間になりたいのか、夢を叶えるためには何をしなければならないのか、常に考えて行動してください。

日々好奇心を持って学習し、日々新たなる挑戦にチャレンジする。

そのことがとても重要なのです。

「20年後に後悔するのは、やったことよりもやらなかったことだ」と昔の人も言っています。

PositiveにCreativityを持って社会の荒波に挑んでください。

もちろん、卒業したら同窓会に入会することも忘れないでくださいね。

本日は、ご卒業誠におめでとうございます。

» 続きを読む

2016東京マラソンを応援する会

一般社団法人獨協大学同窓会は、東京マラソンに参加する現役生・卒業生・教職員等、獨協関係者を応援しております。

今年は5名の学生(うち1名は10キロに参加)の参加費をサポートしています。

2月28日(日)、正午から16:00頃まで豊洲のIHI本社前交差点で同窓会役員と體育會本部役員(学生)が「獨協大学」の幟を立てて応援をしていますので、参加される同窓生の方はぜひお立ち寄りください。

写真は、昨年の様子です。

» 続きを読む

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

同窓生の皆様には、日頃より同窓会活動にご協力いただき、誠にありがとうございます。

来る2017年の同窓会50周年に向けて同窓生の親睦、母校の発展をお手伝いできるよう、さらに邁進してまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

2016年が皆様にとって素晴らしい年になりますよう心よりお祈り申し上げます。

一般社団法人 獨協大学同窓会
会長 岩崎 賢三
役員一同

奨学生交流会を開催しました

12/19(土)、獨協大学同窓会奨学生交流会を開催しました。

この交流会は、毎年12月に開催しています。

現役生、同窓会役員の他、OB・OGも参加し、親睦を深めました。

201512211550.jpg

前のページ  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  | 11 |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  次のページ