獨協大学同窓会について
 

獨協大学同窓会トップ » 同窓会について » 同窓会の概要 » 同窓会の組織

同窓会の組織

同窓会の組織

組織図

同窓会を構成する方々 

同窓会では以下の役員がボランティアで活動しています。

代議員

代議員は、会員の中から原則5名以上の会員による推薦をもって立候補することができます。会員は最大51名の代議員を選出してさまざまな委員会において同窓会の実質的な活動を行っております。また、代議員は一般社団法人獨協大学同窓会の社員として、同窓会の運営に関する立案・審議をおこなう最高議決機関である『社員総会』の構成員となります。

役員

同窓会では、理事(5名以上15名以内)と監事(2名以上5名以内)が役員として選任されます。

理事

理事は社員の中から、社員総会の決議によって選任されます。会長・副会長と共に理事会の構成員として同窓会の運営執行に当たります。

代表理事(会長)・業務執行理事(副会長・専務理事)

会長ならびに業務執行理事は理事会において選任されます。会長は同窓会の会務を統括するまさに「同窓会の顔」です。副会長は会長のサポートを行い、専務理事は事務局内において当法人の業務を分担する。

監事

監事は会員の中から、社員総会の決議によって選任されます。同窓会の会計・会務執行を監査します。

専門委員

専門委員は理事会で選任されオブザーバーとして各委員会・社員総会に出席します。

支部代表者

支部代表者は各支部より1名ずつ選出され、支部活動を統括しています。

同窓会の機関

同窓会では以下の機関でさまざまな取り決めを行い活動しています。

社員総会

定時社員総会と臨時社員総会があります。
定時社員総会は、毎事業年度終了後2か月以内に開催され、臨時社員総会は必要がある場合に臨時開催されます。定款の変更、事業報告及び計算書類の承認等重要事項を決議する同窓会の最高議決機関です。

理事会

会長、副会長、理事、監事により構成され、原則毎月招集し同窓会運営の立案審議・業務執行の決定に当たります。

委員会

同窓会活動の中心となる部門別の委員会は、理事を委員長とし、代議員と専門委員(会員より募集)により構成されています。現在は、支部、広報、財務、奨学金、組織、IT,企画事業、総務、樅柳会運営、デュオ経営委員会の10の委員会があり、実質的な同窓会業務を遂行しています。部門別の各委員会は次の通りです。

*支部委員会
同窓会支部活動支援

*広報委員会
年二回会報発行され同窓生に皆様に郵送されます。
公式ホームページの運営、メールマガジンの発行

*財務委員会
同窓会の会計処理担当

*奨学金委員会
奨学金募金活動、奨学生選定、奨学生活動支援

*組織委員会
同窓会の組織率向上、在学生の就職支援

*IT委員会
同窓会ホームページ作成、Facebookの管理更新

*企画・事業委員会
同窓会運営の企画、周年行事企画、獨協グッズ企画・販売

*総務委員会
総務や外部との折衝など

*樅柳会運営委員会
現役体育会・体育会OB会の活動支援

*デュオ経営委員会
株式会社デュオの運営

株式会社DUO

(株)デュオは主に同窓会の出資により昭和61年に設立されました。
主な部門としては、大学内店舗(丸善雄松堂・東武トップツアーズ・セブンイレブン・アローエステート)の運営を通じ学生のキャンパンスライフを強力にサポートしております。

また損害保険業務も行っており、入学時に任意加入の「学生総合保険」を獨協大学と獨協埼玉中学・高校にて取り扱っております。これらの収益金の一部は各学校に還元し、学生のために有効に使われております。その他に体育会・愛好会などのスポーツ保険、旅行保険も取り扱っております。

大学内店舗(ぶっくぎゃらりいDUO・サービススポットDUO)

同窓会事務局

獨協大学の35周年記念館1階にある同窓会事務局は、多岐にわたり展開される同窓会業務全般を支えております。
同窓会に関するお問い合せはどんなことでも同窓会事務局までどうぞ。郵便、お電話、E-mailにてお受けしております。
大学にお越しの際には是非お立ち寄りください。

同窓会事務局の活動